4/9新型コロナウィルス感染症患者の発生について

玉村町HPより

町内4例目

県は、4月9日夜に町内在住50代男性(町内1例目の新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者)がPCR検査の結果、陽性と発表しました。県発表の概要は以下のとおりです。
職業 福祉事業従事者 ※特定非営利活動法人プラムの森

町内3例目

県は、4月7日夜に町内在住60代女性が、新型コロナウィルス感染症患者の関係者としてPCR検査の結果陽性が判明したと発表しました。県発表の概要は以下のとおりです。

職業 福祉事業従事者 ※特定非営利活動法人プラムの森

症状及び行動

  • 3月24日(火)から3月26日(木)通常勤務(最終勤務)
  • 3月29日(日)自宅待機、この日から保健所で健康観察開始
  • 3月30日(月)自宅待機
  • 3月31日(火)微熱あり、市販薬服用、親族と飲食店に出かける
  • 4月 1日(水)熱なし(解熱剤服用)、家族と買い物等に出かける
  • 4月 2日(木)自宅待機
  • 4月 3日(金)管轄保健所に発熱について相談、自宅で市販薬服用し様子を見るよう指導
  • 4月4,5日(土、日)自宅待機
  • 4月6日(月)管轄保健所に発熱継続を相談、マスク着用し、帰国者・接触者外来である医療機関を受診、検体採取
  • 4月7日(火)県衛生環境研究所の検査により陽性と判明、入院予定

行動歴

・発症前2週間以内に県外に外出していない

・3月26日以降、出勤していない

・発症後はマスク着用、公共交通機関は利用していない

濃厚接触者

・現時点で同居家族1名、親族4名

・その他の接触者は、調査中

町内2例目

県は4月3日町内在住30代男性がPCR検査の結果、陽性と発表しました。30代男性は3月28日に感染が確認された50代男性と同じ福祉事業所に勤務し、濃厚接触者として健康観察中でした。30代男性の濃厚接触者は同居家族1名でその他の接触者は調査中とのことです。
なお感染者が勤務する特定非営利活動法人プラムの森では、ホームページ上で経緯、対応及び対処方針を発表しております。

町内1例目

3月28日(土曜日)、群馬県が新型コロナウィルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、1名の町内在住者の方の感染が確認されました。

詳しくは、群馬県で発表された感染者情報をご確認ください。